西武線沿線の注文住宅・不動産|株式会社リブレクト > 株式会社リブレクトのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン減税が縮小に!!【令和4年度 税制改正大綱】

住宅ローン減税が縮小に!!【令和4年度 税制改正大綱】

≪ 前へ|本当に住みやすい街ランキングでシェア拡大中!?   記事一覧   乾燥した季節は火災に注意を!住宅の火事対策について。|次へ ≫

住宅ローン減税が縮小に!!【令和4年度 税制改正大綱】

カテゴリ:住宅ニュース
こんにちは。
リブレクト代表の崔です。

今年も残すところあと半月になりましたが、都内ではここのところ、昨年と比較して師走感がだいぶ戻ってきた感があります。

ちらほらと忘年会の話しを聞くようになり、繁華街では忘年会のような集まりを見かけるようになりましたが、やはりまだまだ油断は出来ない状況ですので、密な空間での会食はなるべく自粛していかないといけませんね。


さて、

例年12月に発表される税制改正大綱ですが、先日来年度の税制改正大綱が発表されました。

その中身ですが、住宅購入世代にとっては近年では一番インパクトが大きい内容になったのではないでしょうか。

住宅ローン控除の控除率が、2022年度税制改正により「1%」から「0.7%」に縮小

昨年も住宅ローン減税については見直しの素案が出ておりましたが、現行の年末残高の1%から実際に支払った利息を上限とする案は、新型コロナウィルスの感染拡大による経済状況を鑑み、直前で大綱には盛り込まず延期になるという嬉しいサプライズがありました。

しかし、
今月に入ってから税制改正大綱の内容に関して事前に様々な報道が出ており、住宅ローン減税に関しては去年議論されていた「支払った利息が上限」から、「一律0.7%、且つ上限3,000万円」へと、都内で住宅を買われる方にとってはさらに厳しい内容となっておりましたので、今年も何とか延期にならないかと切に願っておりましたが、結果は無慈悲なものでした。

つい先日には住宅設備メーカーの国内最大手のリクシルが、ほぼ全ての製品を値上げ(最大4割)すると発表したばかりで、昨年から続く市場流通在庫の減少とウッドショック&半導体ショックによる不動産価格の高騰に今後ますます拍車がかかることが濃厚な中、住宅ローン減税の控除率が減るというのは、ショックを通り越して憤りを感じてしまいました。

兼ねてより住宅ローンの実行金利に対して「逆ザヤ」と言われていた住宅ローン減税なので、いずれ控除率の見直しが来ることは致し方ないと思う部分はありますが、『何も今じゃなくても・・・』という想いがありますね。

一部では、「0.7%でもまだ実行金利(0.4~0.6%台)よりは逆ザヤなので、支払金利を上限とするよりは良い」とする意見がありますが、今回の改正では年末残高の上限が3,000万円(一般新築住宅)に縮小されてしまったので、全然良くないです。ちっとも良くないですね。

というのは、私が普段ご案内している東京23区内においては、殆どの方が住宅を購入される際に4,000万円以上の住宅ローンを組まれます。
繰り上げ返済を行わなければ13年後の残高が4,000万円以上という方も珍しくありません。

今後同じ価格帯の不動産を買われる方にとっては、現行の13年間合計で最大480万円の減税が、最大273万円まで縮小されることとなりますので、影響が少ないわけはありません。
都内で4,000万円以上の住宅ローンを組まれる方は相応に課税所得も高く、現行の住宅ローン控除でも満額で受けられる方が多いため、将来のキャッシュフローをシミュレーションさせていただく際にも満額の控除を前提にお話しをさせていただくことも多かったのですが、今後は受けられるメリットが減りますので、よりライフプランシミュレーションの実施が重要となってきますね。


ちなみに、新たな税制は来年1月に法案が可決すれば、その後の4月から施行となりますが、住宅ローン減税に関しては暦年で考えますので、来年1月以降3月までに入居された場合でも、施行後の税制が年始に遡って適用されます。
既に売買契約を結ばれていて、今月中に物件の決済と引渡しが決まっている方は、適用年度が翌年以降にならないように、引渡してからすぐ(年内)に入居する必要がありますので、ご注意くださいませ。


住宅ローン減税(正確には住宅借入金等特別控除)には、ただ単に住宅を購入する方に対して金利を一部国が負担して買い求めやすくする目的もありますが、日本の基幹産業である不動産の流通を増やすことで経済を活性化させる、経済対策としての目的も兼ねていたはずです。

なので、このコロナ過で未だ経済状況が不安定な中、住宅ローン減税がマイナス方向に見直しされるということは、これから住宅の購入を検討される世代の方には大変厳しい税制改正になりますし、それは私どものように不動産業界で働く人達にとっても同じです。


今後住宅ローン減税の控除率が減る中、住宅供給会社としては企業努力をもってして一般消費者の方への影響を和らげたいところですが、上述したように市場流通在庫の減少とウッドショック等の影響、加えて住宅設備機器の価格上昇があり、企業努力だけではどうしようもないところまで来てしまってます。

来年は不動産業界にとっては気が抜けない一年になる予感しかしません。
今後の不動産市場がどのように動いていくのか、より注目して情報を発信していきたいと思います。


住宅ローン控除に関する詳しいご相談はこちらまでお気軽にお問い合わせくださいませ。


≪ 前へ|本当に住みやすい街ランキングでシェア拡大中!?   記事一覧   乾燥した季節は火災に注意を!住宅の火事対策について。|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却査定
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-03-11
    今後不動産価格は上がる?or下がる?の画像

    今後不動産価格は上がる?or下がる?

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。ここのところ急に温かくなってきまして、この週末には都内の気温が20度を超えるようで、4月中旬並みの陽気を感じられるようになりましたね。花粉の飛散量も増えてきて辛い時...

    2022-02-22
    注文住宅の建物代(建築費用)についての画像

    注文住宅の建物代(建築費用)について

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。2月も下旬に差し掛かり、ここのところ徐々に日が長くなってきましたね。不動産仲介の立場としましては、明るい時間が長くなれば物件のご案内できる時間が増えますので、一日の...

    2022-01-30
    練馬区で不動産売却査定依頼が急増中!の画像

    練馬区で不動産売却査定依頼が急増中!

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。ここ数日、都内の新型コロナウィルス新規感染者が立て続けに2万人前後を記録しており、もはや感染を防ぎきるのが難しくなってきた感がありますね。これだけ新規感染者が出てお...

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リブレクト
    • 〒176-0005
    • 東京都練馬区旭丘2丁目45-2
      山喜ビル 5F
    • TEL/03-5926-7528
    • FAX/03-5926-7527
    • 東京都知事 (1) 第105392号
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2022-08-19
    中落合東豊エステートの情報を更新しました。
    2022-08-19
    プラウドタワー千代田富士見の情報を更新しました。
    2022-08-19
    板橋区徳丸6丁目 地下ガレージ付きデザイナーズ二世帯住宅の情報を更新しました。
    2022-08-19
    プラウド石神井台ディアージュの情報を更新しました。
    2022-08-19
    セザール第三江古田の情報を更新しました。
    2022-08-19
    ベルテ原宿の情報を更新しました。
    2022-08-19
    藤和北江古田公園ホームズの情報を更新しました。
    2022-08-19
    板橋区栄町 売地 B区画の情報を更新しました。
    2022-08-19
    エクセル旗の台の情報を更新しました。
    2022-08-19
    パーク・ハイム中村橋の情報を更新しました。
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

崔 源義 最新記事



トップへ戻る