西武線沿線の注文住宅・不動産|株式会社リブレクト > 株式会社リブレクトのスタッフブログ記事一覧 > 今後不動産価格は上がる?or下がる?

今後不動産価格は上がる?or下がる?

≪ 前へ|注文住宅の建物代(建築費用)について   記事一覧   都内の電力需給逼迫について思うこと。|次へ ≫

今後不動産価格は上がる?or下がる?

カテゴリ:住まいの知識
こんにちは。
リブレクト代表の崔です。

ここのところ急に温かくなってきまして、この週末には都内の気温が20度を超えるようで、4月中旬並みの陽気を感じられるようになりましたね。

花粉の飛散量も増えてきて辛い時期ではありますが、目は例年のようにかゆいものの、鼻の方は一日中マスクを着けているせいかだいぶマシな気がしてます。
最近では新型コロナウィルスが流行する前よりも着けやすいマスクが増えているので、マスク業界の進歩だけはとても有難いですね。


さて今回は、これまでも当社の記事で定期的に取り上げておりますが、不動産の売買を検討されているお客様から最もご質問が多いテーマでもある『今後の不動産価格の推移予想』について、私なりの考えを書きたいと思います。


建物建築費

新型コロナウィルスの感染拡大が始まってから早2年が経ちましたが、この間には住宅需要増からの建築資材の高騰があり、住宅価格(特に建物価格)は上昇しました。

年明け以降はようやく建築資材の価格上昇が落ち着いてきた感がありましたが(価格の上昇が落ち着いただけであって、以前の水準まで戻ってきた訳ではありませんが。)、
今月に入りロシアによるウクライナ侵攻が始まったことにより、今後はエネルギー価格の高騰や、その後に訪れる輸入資材の高騰が起こる可能性がありますので、まだまだ予断を許さない状況かと思います。

日本はエネルギー輸入依存度が高い国ですから、エネルギーの価格が高騰すれば輸入資材だけではなく国内の製品製造コストや輸送コストも上昇せざるを得ないため、短期・中期的には建築費がさらに上昇してしまうことも十分に考えられます。

ウッドショックや半導体ショックによる影響で、住宅の建築費がそれ以前と比べて約10%ほど上昇しましたが、今後さらに10%程度の上昇が起こることも想定しておかないとと考えております。


土地の価格

反面、土地の価格はといいますと、新型コロナウィルスの感染拡大以降の住宅需要増により、市場流通物件数(市場在庫)が減少したことから、需要に対して供給が少ない状態が続き、昨年まで土地価格も緩やかに上昇しておりましたが、年明け以降徐々にではありますが市場流通物件数が増えてきたことにより、上昇の勢いは少し落ち着いてきた感があります。

ウクライナ情勢への警戒感からか、不動産価格の先行指標と言われている日経平均株価もここに来て急落しておりますので、不動産価格が下落の方向に動き始めるのはもう少し先だとしても、市場に流通する物件が増え始めた今、土地の価格が去年までのように上昇するパワーは無いのではないかと考えております。

むしろ、上述したような理由から建築費がこれまで以上に急激に上昇した場合は、土地+建物の住宅価格全体が上昇してしまい、住宅購入世代の購入可能予算を超えてしまいますので、土地の価格でバランスを取らざるを得ない状況となり、土地のみの価格は下がる可能性もあるかと考えております。


上記は今後1~2年くらいの不動産価格に関する予想ですが、いつの時も短期・中期の市況予想はとても難しいです。
予期できない問題が新たに起こることで、予想と全く違う結果になることも有りますので、今後不動産の売買を検討されている方は、上述した内容に関しまして参考程度にご覧いただければと考えております。


短期・中期の予想に比べると、長期的な視点での予想の方が難しくないように思います。

また次の機会に、今後の長期的な不動産価格の予測についても詳しく書きたいと思います。


当社では不動産仲介の立場として、土地や建物等の不動産そのものについて詳しくご案内することはもちろんですが、その不動産の過去や将来の価値についてもしっかりとした根拠を基にご案内させていただいております。

これから不動産の購入、売却をご検討のお客様も是非こちらまでお気軽にご相談くださいませ。


≪ 前へ|注文住宅の建物代(建築費用)について   記事一覧   都内の電力需給逼迫について思うこと。|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却査定
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-03-11
    今後不動産価格は上がる?or下がる?の画像

    今後不動産価格は上がる?or下がる?

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。ここのところ急に温かくなってきまして、この週末には都内の気温が20度を超えるようで、4月中旬並みの陽気を感じられるようになりましたね。花粉の飛散量も増えてきて辛い時...

    2022-02-22
    注文住宅の建物代(建築費用)についての画像

    注文住宅の建物代(建築費用)について

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。2月も下旬に差し掛かり、ここのところ徐々に日が長くなってきましたね。不動産仲介の立場としましては、明るい時間が長くなれば物件のご案内できる時間が増えますので、一日の...

    2022-01-30
    練馬区で不動産売却査定依頼が急増中!の画像

    練馬区で不動産売却査定依頼が急増中!

    こんにちは。リブレクト代表の崔です。ここ数日、都内の新型コロナウィルス新規感染者が立て続けに2万人前後を記録しており、もはや感染を防ぎきるのが難しくなってきた感がありますね。これだけ新規感染者が出てお...

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リブレクト
    • 〒176-0005
    • 東京都練馬区旭丘2丁目45-2
      山喜ビル 5F
    • TEL/03-5926-7528
    • FAX/03-5926-7527
    • 東京都知事 (1) 第105392号
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2022-08-19
    中落合東豊エステートの情報を更新しました。
    2022-08-19
    プラウドタワー千代田富士見の情報を更新しました。
    2022-08-19
    板橋区徳丸6丁目 地下ガレージ付きデザイナーズ二世帯住宅の情報を更新しました。
    2022-08-19
    プラウド石神井台ディアージュの情報を更新しました。
    2022-08-19
    セザール第三江古田の情報を更新しました。
    2022-08-19
    ベルテ原宿の情報を更新しました。
    2022-08-19
    藤和北江古田公園ホームズの情報を更新しました。
    2022-08-19
    板橋区栄町 売地 B区画の情報を更新しました。
    2022-08-19
    エクセル旗の台の情報を更新しました。
    2022-08-19
    パーク・ハイム中村橋の情報を更新しました。
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

崔 源義 最新記事



トップへ戻る